スカイスクレーパー

売買仲介事業

売買仲介事業のご紹介

SPIは、お客様のニーズを的確にくみ取ることにより、最善なご提案をさせていただきます。

​さらに、資金計画や保険についてもファイナンシャルプランナーにより、初期段階から丁寧なヒアリングを行い、安心してマイホームをご購入頂けるよう、細やかな心遣いに配慮したお手伝いを致します。

グラフィックストライプ

お住まいをご購入するまでの流れ

ステップ1 希望条件を整理する

まずはご予算、ご希望のエリア、マンションや戸建てなどの住宅の種類、広さや入居したい時期などの希望条件を整理しておきましょう。

ステップ2 物件を見学に行く

少しでも気になる物件が見つかったら、実際にモデルルームや現地を見学し​ます。その中でも購入しても良い物件に巡り会えたら、再度、物件の周辺環境や間取り、設備、購入条件などを確認します。

ステップ3 資金計画を立てる

物件探しと並行して、資金計画を具体化させていきましょう。物件の購入資金以外に必要となる諸経費や、住宅ローンの金利、毎月の返済額などについても試算しておきます。​契約前に金融機関による審査を受け、融資が承認される必要があります。

ステップ4 買付証明書を提出する

物件購入のお気持ちが決まりましたら、「買付証明書」を提出します。

「買付証明書」とは、物件の所有者へ購入希望を表明する書類です。

ステップ5 重要事項の説明を受ける

購入する物件に対して、重要事項の説明を受けます。具体的には、物件の概要、権利関係、代金の支払い方法、売買契約解除の場合の規約などが書かれた重要事項説明書に基づき、説明を受けます。分からないことがあれば質問して内容をよく確認しましょう。

ステップ6 売買契約を結ぶ

重要事項説明の内容を確認し理解できたら、売買契約書に署名押印して売買契約を結びます。このとき、一般的には物件価格の5~10%程度の手付金(内金)と印紙税がかかります。

ステップ7 住宅ローンを契約する

売買契約が整いましたら、住宅ローンの正式な契約を結びます。

ローンを利用しない場合は、必要に応じた資金のご用意が必要になります。

ステップ8 引き渡しを受ける

引き渡しの準備が整ったら、所有者から物件の引き渡しを受けて、入居となります。

同時に不動産登記を行います。登記の際には、運転免許証などの本人確認資料、住民票、印鑑証明書、実印などが必要になります。